発毛どころかとんだ結果に!ミノキシジル育毛剤で大量のフケ発生

ミノキシジル育毛剤で大量のフケ発生!

薄毛が気になるBさんは、CMで目にすることのあるミノキシジル育毛剤を使って、フケが大量に出ることで、こんなに怖いことが起きるとは夢にも思わなかったといいます。

Bさんにとっては、ミノキシジル育毛剤の使用は、発毛にむしろ逆効果だったそうです。

「ミノキシジル育毛剤を使い始めて、日増しにかゆみが強くなっていきました。フケのようなものが出始め、かゆさで頭を掻いてしまうとフケが増えていきました。頭皮がボロボロになり、カサブタのようなものと一緒に薄い髪の毛が抜けてしまうので、発毛どころか逆効果です。皮膚科を受診したところ、まずは使用をやめて頭皮の健康を取り戻すことを促されました。」

ミノキシジル育毛剤による副作用で、大量のフケが出て、カサブタのようなフケとともに髪の毛が抜けてしまう人もいるのです。

頭皮への刺激によって角質層が肥厚化

ミノキシジル育毛剤によるかゆみは、薬剤に対するアレルギー反応です。頭皮への刺激によって、頭皮に正常なターンオーバーが起きなくなり、角質層が肥厚化して剥がれ落ちるため、塊のようなフケになります。すると、細い髪の毛は一緒に落ちてしまうことがあるのです。

また、頭皮を掻くことは、ますますかゆみを強くするだけではなく、頭皮を傷つけて頭皮の状態をさらに悪化させる要因にもなります。

ただし、かゆみなどの症状がなく、頭を掻いていないにも関わらず、フケが気になる場合は、余分なミノキシジル育毛剤が空気に触れて固まって、フケのように見えるだけの可能性もあります。必要量以上使用しても効果は変わりませんので、一度に使う容量を見直してみましょう。

ミノキシジル育毛剤で大量のフケが出たらどうするべき?

ミノキシジル育毛剤の使用によってかゆみを感じたり、フケが出たりしたときには、使用を中止して皮膚科医を受診しましょう。フケが大量に出て毛穴に詰まること自体が、毛穴の炎症を起こし、毛根から十分な栄養が行き渡らない原因となり、薄毛を招きます。そのため、フケが大量に出ているときに、無理にミノキシジル育毛剤を使っても発毛効果は期待できず、それよりも頭皮の健康を取り戻すべきです。

頭皮の環境を改善するために、シャンプーは頭皮に刺激が少ないものを使用するようにします。頭皮に刺激を与えないように、爪を立てずにやさしく洗い、シャンプーの成分を髪に残さないようにすることがポイントです。